×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

影のマタドールゆうくんのフランキー雑記帖

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.アンドレイ・ルブリョフ
2.MAMALAID RAG
3.ヘイ・ジュード
4.キャロウェイ
5.boyz
6.ガンフロンティア
7.草野マサムネ
8.ロットロット
9.アイロン
10.FLASH

一日江戸人 (新潮文庫) 一体、江戸時代の日本人はどんな生活をしていたんだろう?映画やTVでその生活ぶりを見るけれど、本当にそうなのだろうか?

この本は、そんな疑問をすべて明らかにしてくれました。イラスト付きで書かれたこの本は、実に懇切丁寧な書き方がされています。そして、驚くべきことも沢山ありました。

一番驚いたのは、「江戸人」たちは、夏休みをしっかり取っていたことでした。寝具を質に入れ、その金で7月半ばから8月まで、しっかりと夏休みを取っていました。現代の日本人は、「働き蜂」の如く、短い夏休みもなかなか取れません。もっと、余裕を持った暮らしを現代人もしなければいけないのかも知れませんね。その余裕の無さが、ひょっとすると最近の日本がおかしい原因かも知れません。「宵越しの金は持たない」と言う「江戸人」の心意気の方が、現代の「拝金主義」よりは、勝っているのかも知れません。もう一度、「江戸人」の生き方を考えて見ることも必要かも知れないなと思いました。

ドリーム☆アゲイン DVD-BOX ジャイアンツファンなので毎週見てました( ̄▽ ̄)ただ8回目だけ録画出来てませんでした(v_v)だから見たいです!
百物語 (新潮文庫)  「百話目を語ったが最期、化物が出現してとんでもないことになる」と言うから、もっと怖〜いお話ばかりかと思いきや、それが大して怖くないのです。話に落ちがなく、それでどうしたのとページをめくるともう一つの話が終わっていたりして、変なんです。

 ところが、読み出すと何かに憑かれたように、止まらなくなってしまうのです。

 今も昔も不思議なことに出くわすことに変わりはないでしょうが、江戸の人々の怪奇に対する解釈が、今の時代から見ると、とてもユニークで面白いです。(私には、懐かしい感じがしましたが・・・)

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!