×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

まむしの画伯みきちゃんのびっくりアイランド

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.麻丘めぐみ
2.B'z
3.C-C-B☆
4.愛知県防災学習システム
5.CLAMP
6.JR
7.ローグギャラクシー
8.Eyes On Me
9.GOOGLE
10.異邦人

犯人たちの部屋 ミステリー傑作選 (講談社文庫) このシリーズも本編だけでも50巻を超えました。毎回毎回素晴らしいミステリーの短編が紹介され、非常に楽しみなアンソロジーになっています。今回も、粒ぞろいの10作品が所収されています。

「ラストドロー」(石田衣良)「蕩尽に関する一考察」(有栖川有栖)「招霊」(井上夢人)「盗まれた手紙」(法月綸太郎)「瑠璃の契り」(北森鴻)「死者恋」(朱川湊人)「絵の中で溺れた男」(柄刀一)「走る目覚まし時計の問題」(松尾由美)「神国崩壊」(獅子宮敏彦)「Y駅発深夜バス」(青木知己)

どの作品を取っても本格ミステリーの楽しさを満喫させてくれます。
個人的には、「瑠璃の契り」の雰囲気が大好きです。
「蕩尽に関する一考察」「走る目覚まし時計の問題」の犯罪ではない軽さもいいです。
どの作品を取っても実に印象的な作品ばかりでした。

時を巡る肖像 (実業之日本社文庫) 絵画修復士・御倉瞬介を主人公とした六話を収録した連作短編集。

柄刀氏は本格ミステリー魂が強すぎて、しばしば小説としての出来を少し損なっている。
本作は本格ものももちろんあるが、そうでは無い作品もある。
ジャンル小説色が薄まり、バランスが非常に良い短編集となっている。

ピカソフェルメール、モネ、安井曾太郎、デューラーなどの名画に秘められた犯罪や因縁。
それらを思慮深い審美眼をもって理論的に解体していく。
ロマンチストな面もある柄刀氏らしい作品だった。

北森鴻著「深淵のガランス」も絵画修復士を主人公としたミステリーだ。
こちらは絵画の資産価値に起因する暗部や贋作を扱っている。
対比して読むとおもしろいかも。

cleaner XL Advanced GuideBook cleanerXLはメニュー画面などが日本語ではないので、その部分の
解説はもちろん、各コーデックの内部設定の説明まで書いてあり、
初めてcleanerXLを触るにはまず読んでおいたほうがいい本と
言えるのではないでしょうか。

また、ソフトの使い方だけではなく動画の、
いまさら人に聞けないような基本的な知識が
書かれているのが、自分にはとてもありがたかったです。


☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!