×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

銀河系バロンドールカールちゃんのじっくり研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ばばあ
2.XP-77
3.REO Speedwagon
4.アーマード・コア2
5.Devon Aoki
6.ドクター・ドリトル
7.ダライアス外伝
8.キヤノン
9.シックス・センス
10.concert

i-mobile
デス・レース 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD] いや、久々に面白い作品に出会えました。
実はまだ30代のジェイソン・ステイサム、是非お願いしたい(笑)ナタリー・マルティネスなど、キャスト陣も華やか。適度なグロ有りのカーアクションも一見の価値有り。
もう少し知名度があればゲーム化もされてたんでしょうが(監督もそれを狙っていた節有り?)、所長に邪魔されたらブチ切れでしょうね(笑)

カラ・デニズ~黒海 全曲インスト。東欧のトラッドとかジプシー音楽に影響をうけたらしいフランス人たちの音楽。なんだかフランスのSFファンタジー映画にこんな音楽が使われてそう。ブラスとかアコーディオンとかよくわからない弦楽器が中心の音楽。センスの良さみたいなのはひしひしと感じさせる。でもジプシー音楽にある熱い情感、悲哀みたいな激しい感情はあまり感じさせず、逆に知性がまったりとただよっている。歌入りのわかりやすい曲も作ってほしい。
「危険な関係」オリジナル・サウンドトラック 1959年アート・ブレイキーがシネ・ジャズに取り組んだサウンド・トラック盤。当時人気絶頂のジェラール・フィリップ演じるデカダンス的雰囲気を持ったヌーベル・バーグ映画「危険な関係」(1960)の中で、何度も耳にしたメロディーだ。フランス映画がこれほどモダン・ジャズと相性がいいとは誰もが思わなかったであろう。これに先立つ、マイルス・デイビスの「死刑台のエレベーター」でも、パリのしゃれた粋な雰囲気の中で、モダン・ジャズがゾクっとするほど似合っていた。映像の中では、確かブレイキーやリー・モーガンは登場せずアテレコ的にケニー・ドーハムらが登場し、演奏の映像と音楽が扱われやや興ざめだったが、レイジーな雰囲気の標題曲をはじめ、モダン・ジャズの粋を感じさせるスリリングな演奏である。危険な関係のブルース、危険な関係のサンバ、プレリュード・イン・ブルーなど哀愁を帯びた楽想は映画ファン層にモダン・ジャズを浸透させる貢献を大いに果たしたものと思われる。御大ブレイキー、さらにモーガンやティモンズのいつもながらのソウルフルなプレイは見事だが、ここでは当時弱冠22歳のバルネ・ヴィランのテナー・サックスも健闘していて、傑作の誕生に一役買っている。ヴィランは「死刑台のエレベーター」でもマイルスと競演し、当時のパリの若手のエースだった。スタン・ゲッツ的なメロディアスなフレーズで粋に吹きまくる彼の存在は、シネ・ジャズのもう一つの華でもあったといえよう。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!