×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

杉田ボイラー技師ほ~ちゃんのお笑い動画評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.kyon
2.テイルズオブエターニア
3.パウル
4.紫電
5.West Siberian Laika
6.boyz
7.原宿
8.テイルズオブファンダム
9.nexus
10.J&R

自転車発電機(ハブダイナモ)による超小型風車の製作 自転車のハブダイナモを使って、発電風車を作るという本。印刷が2011年3月15日となっているので、震災前に書かれた本であることは明らかである。
ダイナモを含めて、2〜3万円で製作が可能との事
手作りの車の「エコラン」が1台百万円単位の費用がかかるのを考えれば、手軽に高校生でも体験できる製作品の競技会が開催できる、エコな技術開発である。

本書では、ハブダイナモを使った風車の製作方法、風車の競技会の模様を紹介している
ハブダイナモは市販されているものの、風車は手作りが必要であり、風車の開発にノウハウが必要と感じた。
また、屋外に設置した場合は、暴風時の対策を取ることが難しいとの事である。

ハブダイナモの生産メーカーは、シマノ、サンヨー、ミツバ とのこと。ハブダイナモメーカーが、風車の羽の部分の金型を作ってキット販売すれば、教材用に年間10000個出れば1万円位で販売できないでしょうかねぇ。

星界の戦旗 VOL.2 [DVD] 星界の紋章シリーズから時々感じていることですが、アーヴの、特に司令官クラスの人たちは、優雅に落ち着いた雰囲気の中でとんでもない事をさらりと言ってのけるときがあります。この巻の中の二つの話でもそうしたシーンがちりばめられています。宇宙に住むアーヴという進化(?)した種族と、地上で生活する普通の人類との区別が、外見だけでなく性格までにもはっきりと及んでいることがわかります。ジントとラフィールはそんな違いを超えてうまく関係を築いているわけで、「事実は小説より奇なり」の逆が描かれていると感じます。
星界の戦旗II VOL.1 [DVD] 星界シリーズの魅力は、なんといってもラフィールのかわいさ(笑)
とジントととのやり取りだと思う。

でも、実はSFとしてけっこう面白い視点が多いんですよね。

宇宙を統治するために遺伝子改造をした一族が一大帝国を形成している点や、ある星系を支配するためには、宇宙から税だけを徴収して、基本的な地上支配にはアーブ(支配者)は関与しない点であるとか・・・。

なんとなくだけ、宗教や地方の法や習俗を最大限尊重したオスマントルコ帝国の統治方法を似ているなぁ、と思った。しかも支配するには好都合ですよね。だって、恒星間航行技術などの宇宙技術さえ封印すれば、絶対支配が可能ですもん。

そういう意味では、とても世界観が作りこまれている、なかなかにおもしろいSF作品だと思います。


☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!