×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
俊足の仕事人もみじちゃんのめきめき携帯ムービー館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.くるくるくるりん
2.FireWire
3.Boards of Canada
4.STYLE
5.金融緩和
6.大桃美代子
7.乳液
8.JOKER
9.Dance
10.プリズンホテル

HOURGLASS(初回)(DVD付) 聞きました!!
今作「HOURGLASS」は、前作「白い花」で見せたピアノ調の路線に加え、ところどころにジャズの雰囲気も漂う作品になっています。しっとりとしたバラードが特に多く、「白い花」に目立ったサビでの大きな盛り上がりはあまりありません。どちらかというと「EVER AFTER」に近い感じです。
好き嫌いは分かれそうですが、Fayrayらしさは健在!!です。

後、初回特典のDVDですがシングル「願い」「look into my eyes」「愛しても愛し足りない」のPVが収録され、その間をバックにアルバム曲を流しながらFayのインタビューやNYでの散歩風景、買い物風景(笑)などがつないでいくような構成になっています。自然体のFayがよく映っているのでファンは必見です!!


金色のコルダ2 f ガイドブック 巻頭・巻末に見開きで新キャラ・衛藤君のプロローグ&ビジュアル資料集があります。
2fから新たに加わった加地君は通常の攻略対象ですが、衛藤君はちょっと特殊で、ガイドブック無しで何の情報もなくプレイしていたら出会うことすらできませんでした…(私だけ?)。

もちろん普通にプレイしていても情報画面で攻略ヒントを見ることができますが、恋愛エンディングにも種類があって、私が下手なのか連鎖ENDはいつの間にか発生不可になっていることもあったので、複数攻略やピンポイントで狙いを定めて攻略する場合にはガイドブックが手放せませんでした。

選択肢による好感度の違いやイベント、楽曲、アルバムのリストはもちろん音楽科の演奏可能者、普通科生徒の名前や昼休みの内容、メールのリストなんかもあって、PS2版未プレイの方や初心者には役に立つ内容だと思います。
オールカラーで見やすいですが、純粋に攻略が目的という感じなので、キャラの絵が目当てという方にはあまり向かないかと思います。

一般的な日本のゲームファンにはDoomの名前はあまり知られていないのが現実だと思いますが、実際にはシリーズ累計で2000万本もの売上を誇る世界的なアメリカの人気ゲームです。おそらく日本を除くほとんどの国では日本でのFFやDQに匹敵するくらいの知名度と人気があるのではないでしょうか?

従来のDoomシリーズはせまりくる無数のエイリアンを超人的な能力をもった主人公がありったけの武器と弾薬で蹴散らしていく爽快感重視のものでしたが、本作では主人公はかなり弱い存在として設定されているようです。製作元のidSoft曰く、限られた体力・装備でいかにして生き残るかということが前提で基本的なゲームデザインがなされているそうで、引き合いとしてバイオハザードの名をあげていました。ただ、自由度はバイオの比では無いようで、ゲーム的な不自然な制約(例えば低い段差も乗り越えらない)は可能な限り排除しているということです。グラフィックの出来については公式HPをご覧になれば分かると思いますが、凄いの一言です。FFのムービー並みのクオリティでリアルタイムのゲームプレイが楽しめる、とでも言えばいいでしょうか。海外のゲームということで敬遠している人もいるかもしれませんが、かつてのような海外のゲームは大味でおおざっぱという公式はもはや過去のものとなっています。技術的にはもう日本のメーカーと遜色ないどころか既に上回るレベルに達しているメーカーも少なくないと思います。グラフィックの良さが必ずしもゲーム性に寄与するというわけではありませんが、これまでのidsoftの仕事振りから考えれば本作も相当期待できるのではないでしょうか?


☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!