×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

極寒のせんとくんつ~ちゃんのこってり研究所

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.武田美保
2.No Doubt
3.SHOW
4.Deluxe
5.
6.鈴木由美子
7.ブライアン・ウィルソン
8.ダイド
9.番付
10.Robin Williams

消防認定品 高輝度蓄光テープ α-FLASH(アルファフラッシュAFシリーズ) AF2005(20mm×5m巻) かなり明るい!!マジで!急な停電やトイレで起きた時助かります!
松田聖子と中森明菜 (幻冬舎新書)  人はどうも、10年単位で物事区切るのが好きなようだ。背表紙
には、80年代消費社会とあるが、実際は、松田聖子と中森明菜の
活躍する80年代前半が中心。それに山口百恵の活躍する70年代
が序章として語られる。
 山口百恵、松田聖子、中森明菜のデビューにまつわるエピソード
は、ドキュメンタリータッチで、緊張感をもって読めた。松田聖子
のそれは、中山圭子との悲話と絡んで、運命のいたずらとして片付
けるには、あまりにも皮肉な出来事だ。
 本編は、歌番組の「ザ・ベストテン」の順位と発表された曲の歌
詞の内容あるいは意味を検討するという構成ですすむ。ところが松
田聖子に比重が置かれ、中森明菜と対等とは言い難い。背表紙の文
文に惹かれて購入すると肩すかしを食らう。いったい、背後で蠢く
野望と欲望って言うのはなんなのと言いたくなる。
 中森明菜ファンには、すべからく物足りない内容となろう。これ
は作者の松田聖子に対する思いが書かせた本なのだろう。きっと。
 本のタイトルもどうか。一歩譲って「ザ・ベストテン−松田聖子
と中森明菜」なら、まだ許せたか。

20世紀アイドルスター大全集―お宝保存版 (Part3) (デラックス近代映画) とにかく写真が多くてよっかったです。明菜がかわいかったです。80年代の俳優、芸能人、

すべてが見れる一冊です。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!