×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

江戸のカロテンフォンくんのフランキー動画天国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.のらみみ
2.リングにかけろ
3.FC2
4.福岡
5.Dying Fetus
6.原宿
7.ロナウジーニョ
8.Jamiroquai
9.FP
10.F11F

i-mobile
Alive in the Windy City [Blu-ray] [Import] 2010年3月27日、シカゴにある(見たところ)千人以下キャパのシアターでの収録です。ベスト盤「Thank You」初回限定についていたDVDのライヴがとても良かっただけに、年を経たことでの衰えなどないか不安を感じていたのですが、全くの杞憂でした。この4人は、世界でもサイコー(と声を大にして言いたい)レベルのロックをここで聞かせてくれます。

6枚目「Stone Temple Pilots」のリリースが5月だったので、このライヴはまだその全容がわかる前、5「Between the Lines」はじめ4曲をやっています。作り立てホヤホヤだけに、4人の演奏には全く迷いがありません。どの曲もアルバムよりエッジが立っていて、個人的にはこっちのほうが好きです。

大ヒット曲「Vasoline」で幕開けですが、冒頭の数曲は多少手探り。4「Hollywood Bitch」あたりから彼ららしさが、その独特のヘヴィネス、美しさとともに出てきます。8「Sour Girl」では特にサビの繊細さと美しさが見事に再現され、ハードさと交錯する終盤のアレンジは見事。10「Plush」、ミドルテンポハードネスの神髄極致。13「Huckleberry Crumble」、バンドとしての息がバッチリあっていて、キメのリフでのタメの重たさはハンパない。14「Sex Type Thing」からハードさはさらにギアが入る。16「Lounge Fly」は唯一同期モノ使用なるもロック度は抜群、ロバートの生Gも聴けます。17「Piece of Pie」でキレ、ヘヴィネスは最高潮に、スコットのVoも艶と激しさが見事に同居、エンディング18「Trippin' on a Hole in a Paper Heart」で見事にブリブリぶっちぎり。

ブルーレイですから、リージョン関係なくフツーの機器で観られます。また、20分強のインタビューは字幕が選べます。日本語はないですが、英語にすると、結構わかります。ぜひとも、どっ〜ぷりと最高のR&Rに浸ってみてください。

Alive in the Windy City [DVD] [Import] 2010年3月27日、シカゴにある(見たところ)千人以下キャパのシアターでの収録です。ベスト盤「Thank You」初回限定についていたDVDのライヴがとても良かっただけに、年を経たことでの衰えなどないか不安を感じていたのですが、全くの杞憂でした。この4人は、世界でもサイコー(と声を大にして言いたい)レベルのロックをここで聞かせてくれます。

6枚目「Stone Temple Pilots」のリリースが5月だったので、このライヴはまだその全容がわかる前、5「Between the Lines」はじめ4曲をやっています。作り立てホヤホヤだけに、4人の演奏には全く迷いがありません。どの曲もアルバムよりエッジが立っていて、個人的にはこっちのほうが好きです。

大ヒット曲「Vasoline」で幕開けですが、冒頭の数曲は多少手探り。4「Hollywood Bitch」あたりから彼ららしさが、その独特のヘヴィネス、美しさとともに出てきます。8「Sour Girl」では特にサビの繊細さと美しさが見事に再現され、ハードさと交錯する終盤のアレンジは見事。10「Plush」、ミドルテンポハードネスの神髄極致。13「Huckleberry Crumble」、バンドとしての息がバッチリあっていて、キメのリフでのタメの重たさはハンパない。14「Sex Type Thing」からハードさはさらにギアが入る。16「Lounge Fly」は唯一同期モノ使用なるもロック度は抜群、ロバートの生Gも聴けます。17「Piece of Pie」でキレ、ヘヴィネスは最高潮に、スコットのVoも艶と激しさが見事に同居、エンディング18「Trippin' on a Hole in a Paper Heart」で見事にブリブリぶっちぎり。

ブルーレイですから、リージョン関係なくフツーの機器で観られます。また、20分強のインタビューは字幕が選べます。日本語はないですが、英語にすると、結構わかります。ぜひとも、どっ〜ぷりと最高のR&Rに浸ってみてください。

Come Clean ギターのリフがカッコいいし、なかなかパワーを感じさせる一作。
まぁ、ちょっと雰囲気がNirvanaというか、グランジっぽいんですが、
Nirvanaが刃物のような音を鳴らしていたのに対して、こっちはハンマーのように重い感じ。

「Blurry」はこのアルバムのハイライトとも言える曲で、メロの気だるいリズム、そして劇的なサビの転換が素晴らしい。
因みに、この曲はPVがかなり良い出来なので、そちらも見ていただきたいですね。
それにしても、先日エースコンバット5やってたら、突然「Blurry」が流れてびっくりしました(笑)

しかし、パドルはこの次のアルバムが期待はずれでしたね。
何だか散漫とした印象しか残りませんでした。現状、パドルのアルバムはコレをオススメします。


☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!