×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三田少女か~ちゃんのばっちり携帯ムービー館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.the pillows
2.バズロッド
3.岡崎武士
4.Rez
5.藤田和子
6.家長
7.bantam
8.小松彩夏
9.薔薇の素顔
10.Dustin Hoffman

i-mobile
ロックの殿堂「ROCK AND ROLL HALL OF FAME」DVD BOX通販限定スペシャルセット ロックの殿堂DVD
●DISC:1●01.I Saw Her Standing There 《 トーク ミック・ジャガー( ローリング・ストーンズ) 》ミック・ジャガー/ブルース・スプリングスティーン/ ジョージ・ハリスン/リンゴ・スター(ビートルズ)/ボブ・ディラン/ジョン・ フォガティ(CCR)/ビリー・ジョエル/RHJB at 1988 02.Sunshine Of Your Love 《 トークリーム( エリック・クラプトン) 》クリームat 1993 03.Oh, Pretty Woman 《 トーク ブルース・スプリングスティーン 》ロイ・オービ ソン/ブルース・スプリングスティーン/RHJBat 1987 04.Green River 《 トーク ジョン・フォガティ(CCR) 》ジョン・フォガティ/ブ ルース・スプリングスティーン/ロビー・ロバートソン(ザ・バンド)at 1993 05.Light My Fire 《 トーク エディー・ヴェダー(パール・ジャム) 》ドアーズ/ エディー・ヴェダーat 1993 06.For What It’s Worth 《 トーク トム・ペティ 》クロスビー・スティルス& ナッシュ/トム・ペティat 1997 07.Volunteers 《 トーク フィル・レッシュ&ミッキー・ハート(グレイトフル・ デッド) 》ジェファーソン・エアプレインat 1996 08.Black Magic Woman 《 トーク サンタナ 》サンタナ/ピーター・グリーン(フ リートウッド・マック)at 1998 09.Teach Your Children 《 トーク クロスビー・スティルス&ナッシュ 》クロス ビー・スティルス&ナッシュ/ジェームス・テイラー/エミルー・ハリスat 1997 10.Running On Empty (孤独なランナー)《 トーク ジャクソン・ブラウン 》ジャク ソン・ブラウンat 2004 11.The Weight 《 トーク エリック・クラプトン 》ザ・バンド/エリック・クラプ トンat 1994 12.The Promised Land 《 トーク ブルース・スプリングスティーン 》ブルース・ スプリングスティーン&ザ・イー・ストリート・バンドat 1999 13.Handle With Care 《 トーク オリビア&ダーニ・ハリスン 》トム・ペティ/ ジェフ・リン(ELO)/スティーヴ・ウィンウッド/ダーニ・ハリスンat 2004 14.While My Guitar Gently Weeps トム・ペティ/ジェフ・リン(ELO)/スティー ヴ・ウィンウッド/ダーニ・ハリスン/プリンスat 2004 15.Let It Be 《 トーク ポール・マッカートニー(ビートルズ) 》ポール・マッ カートニー/ビリー・ジョエル/RHJBat 1999 ボーナストラック Speeches 1. ポール・マッカートニー(ビートルズ)-----ジョン・レノン(ビートルズ)につ いて2. ブルース・スプリングスティーン-----ジャクソン・ブラウンについて 3. エルトン・ジョン-----ビーチ・ボーイズについて 4. ヤン・ウエナー(映画監督/俳優)-----セックス・ピストルズについて 5. ピート・タウンゼント(ザ・フー)-----ローリング・ストーンズについて

ロックの殿堂DVD
●DISC:2● 01.Wake Up Little Susie ジャクソン・ブラウン/メリッサ・エスリッジat 1995 02.(I Can’t Get No) Satisfaction 《 トーク ローリング・ストーンズat 1989 》ミック・ジャガー(ローリング・ストーンズ)/ブルース・スプリングスティーン/ RHJBat 1988 03.Honky Tonk Women ミック・ジャガー(ローリング・ストーンズ)/ティナ・ター ナー/RHJB at 1989 04.Woodstockジェームス・テイラーat 1997 05.Wooden Ships (木の舟)《 トーク ジェームス・テイラー 》クロスビー・スティ ルス&ナッシュat 1997 06.Man On The Moon 《 トーク R.E.M. 》R.E.M./エディー・ヴェダー(パール・ ジャム)at 2007 07.Sweet Emotion 《 トーク キッド・ロック 》エアロ・スミス/キッド・ロック at 1996 08.La Grange 《 トーク キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ) 》ZZ トッ プat 2004 09.Tush ZZトップat 2004 10.Highway To Hell 《 トーク AC/DC 》AC/DC at 2003 11.Master Of Puppets 《 トーク フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ) 》 メタリカat 2009 12.Tenth Avenue Freeze-Out (凍てついた十番街)《 トーク ボノ(U2) 》ブルー ス・スプリングスティーン&ザ・イー・ストリート・バンドat 1999 13.Pride (In The Name Of Love) 《 トーク ブルース・スプリングスティーン 》 U2 at 2005 14.All Along The Watchtower (見張り塔からずっと)《 トーク ニール・ヤング 》 ザ・ロック・ホール・ジャム・バンドat 1992 ボーナストラック Speeches 1. ミック・ジャガー(ローリング・ストーンズ)-----ビートルズについて2. フ リー(レッド・ホット・チリペッパーズ)-----メタリカについて3. キース・リ チャーズ(ローリング・ストーンズ)-----レオ・フェンダー(フェンダーの創始 者)について4. ジェームス・テイラー-----クロスビー・スティルス&ナッシュにつ いて5. ポール・マッカートニー(ビートルズ)-----ライチャス・ブラザースについ て6. ビリー・ジョエル-----ローリング・ストーンズについて

ロックの殿堂DVD
●DISC:3●01.Won’t Get Fooled Again (無法の世界)ザ・フー/RHJB at 1990 02.American Girl 《 トーク トム・ペティ&ハートブレイカーズ 》トム・ペティ & ハートブレイカーズ at 2002 03.Sweet Home Alabama 《 トーク キッド・ロック 》レイナード・スキナードat 2006 04.You’ve Lost That Lovin’ Feelin’ (ふられた気持)《 トーク ライチャス・ ブラザース 》ライチャス・ブラザースat 2003 05.Turn! Turn! Turn! (To EverythingThere Is A Season) 《 トーク ザ・バーズ 》ザ・バーズ/ドン・ヘンリー/ジャクソン・ブラウン/グレン・フライ(イーグル ス)at 1991 06.California Dreamin' (夢のカリフォルニア)《 トーク ママス&パパス 》ママ ス&パパス at 1998 07.Born Under A Bad Sign クリーム(エリック・クラプトン) at 1993 08.Dear Mr. Fantasy (ディア・ミスター・ファンタジー)《 トーク トラフィック 》トラフィック at 2004 09.Landslide スティーヴィー・ニックス/リンジー・バッキンガムat 1998 10.Say You Love Me 《 トーク フリートウッド・マック 》フリートウッド・マッ クat 1998 11.Tie Your Mother Down 《 トーク デイヴ・グロール/テイラー・ホーキンス 》 クイーン/デイヴ・グロール/テイラー・ホーキンスat 2001 12.Only The Good Die Young (若死にするのは善人だけ)《 トーク レイ・チャール ズ 》ビリー・ジョエル at 1999 13.Start Me Up 《 トーク ローリング・ストーンズ 》ミック・ジャガー(ローリン グ・ストーンズ)/RHJB at 1989 14.Pink Houses 《 トーク ビリー・ジョエル 》ジョン・メレンキャンプat 2008 15.I Still Haven’t Found What I’m Looking For (終りなき旅)《 トーク U2 》 U2/ブルース・スプリングスティーンat 2005 ボーナストラック Speeches 1. ジェイコブ・ディラン(ウォールフラワーズ)-----トム・ペティ&ハートブレイ カーズについて2. ルー・リード-----ディオンについて3. デイヴ・マシューズ----- ラフィックについて4. レイ・チャールズ-----ビリー・ジョエルについて5. ビ リー・ジョエル-----ジョン・メレンキャンプについて6. キッド・ロック-----レー ナード・スキナードについて7. トム・ペティとジェフ・リン(ELO)-----ジョー ジ・ハリスンについて

ロックの殿堂DVD
●[DISC:4● 01.Roll Over Beethoven ジェリー・リー・ルイス/チャック・ベリー/RHJB at 1986 02.Tutti Frutti リトル・リチャード at 1995 03.Bo Diddley 《 トーク ボ・ディドリー 》ボ・ディドリー/ロビー・ロバートソ ン(ザ・バンド) /エリック・クラプトンat 1987 04.Further On Up The Road 《 トーク エリック・クラプトン 》エリック・クラプ トン/ロビー・ロバートソン(ザ・バンド) at 2000 05.(Sittin' On) The Dock Of The Bay 《 トーク リトル・リチャード 》リトル・ リチャードat 1989 06.River Deep − Mountain High 《 トーク ティナ・ターナー 》ティナ・ター ナー/RHJB at 1989 07.At Last 《 トーク エタ・ジェイムス 》エタ・ジェイムスat 1993 08.Shout ア イズレー・ブラザーズ/RHJBat 1992 09.The Twist チャビー・チェッカー/ハン ク・バラード/RHJBat 1986 10.Be My Baby 《 トーク キース・リチャーズ(ローリ ング・ストーンズ) 》ロネッ ツ at 2007 11.I Can’t Turn You Loose (お前をはなさない)リトル・リチャード/ミック・ ジャガー(ローリング・ストーンズ)/RHJBat 1989 12.Glad All Over 《 トーク トム・ハンクス 》ジョーン・ジェット(ランナウェイ ズ)/ジョン・メレンキャンプ/ジョン・フォガティ(CCR)/ビリー・ジョエルat 2008 13.People Got To Be Free (自由への讃歌)《 トーク リトル・スティーヴ・ヴァ ン・ザント(ザ・イー・ストリート・バンド) 》ザ・ラスカルズat 1997 14.Feelin’ Alright 《 トーク トラフィック 》デイヴ・メイスン(トラフィック) /RHJB at 2004 15.How Sweet It Is (To Be Loved By You) (君の愛に包まれて)ジェームス・テイ ラー/エリック・クラプトン/ボニー・レイット/RHJB at 2000 16.Beck’s Bolero ジェフ・ベック/ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン) at 2009 117.Sweet Little Rock and Roller キッド・ロック/キース・リチャーズ (ローリング・ストーンズ)/ZZトップ/ジャクソン・ブラウン/トム・ペティ/RHJB at 2004 18.Johnny B. Goode チャック・ベリー/ブルース・スプリングスティーン&ザ・ イー・ストリート・バンド at 1995 ボーナストラック Speeches 1. トム・ハンクス(俳優)-----デイブ・クラーク・ファイブについて 2. ロビー・ロバートソン(ザ・バンド)-----エリック・クラプトンについて 3. U2-----ザ・フーについて 4. キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)-----ZZ トップについて 5. レッド・ツェッペリン-----レッド・ツェッペリンについて 6. ザ・ラスカルズ-----ザ・ラスカルズについて

ロックの殿堂DVD
●DISC:5● 1. R. O. C.K. In The U.S.A. (ロック・イン・ザ・U.S.A)/ ジョン・メレンキャン プ 2. It’s My Life (イッツ・マイ・ライフ)/ エリック・バードン( アニマルズ) & ボン・ジョヴィ 3. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman (ナチュラル・ウーマン)/ アレサ・ フランクリン 4. Sweet Jane (スウィート・ジェーン)/ ルー・リード & ソウル・アサイラム 5. Midnight Rider (ミッドナイト・ライダー)/ オールマン・ブラザーズ・バンド & シェリル・クロウ 6. All Day And All Of The Night (オール・オブ・ザ・ナイト)/ ザ・キンクス 1. LIGHT MY FIRE ジョン・フォガティ、ロビー・ロバートソン、ブルース・スプリ ングスティーン リハーサル (1993)クリーム/リハーサル (1993)ミッキー・ハー ト、フィル・レッシュ、ヨーマ・カウコネン、ジャック・キャサディー、ポール・カ ントナー/バックステージ (1996)クロスビー・スティルス&ナッシュ/リハーサル &バックステージ(1997)ザ・バンド、エリック・クラプトン/リハーサル(1994)2. SWEET EMOTIONジェイムス・テイラー/リハーサル (1997)メタリカ/リハーサル (2009)3. START ME UPバックステージ (2004)バックステージ (2003)レイナード・ スキナード、キッド・ロック/リハーサル (2006)4. FEELIN’ ALRIGHTザ・ラスカ ルズ/リハーサル (1997)バックステージ (1994)ロックンロール・ホール・オブ・ フェイムとミュージアムについて ゥ 2010 The Rock and Roll Hall of Fame

フェーム/青春の旅立ち シーズン1 DVD-BOX 映画もすばらしいですが、このドラマ版も素晴らしくよいです。

映画で有名な食堂での演奏シーン、ドラマでも違う曲「Take Me」でやりますがこちらも凄くいいです。
何回もここだけ再生して見るほどクセになってしまいました。

若いgleeファンのみなさんにも見てほしいですね。
映画も。フェーム [Blu-ray]

ライトニング・ストライクス・トワイス なんと、10年ぶりの新録オリジナルアルバムである。メロディック・ロックの守護神とも言えるフロンティア・レーベル主催者セラフィーノ・ペルジーノが後ろ盾となっての復活劇。楽曲も一部共作はあるが、ほぼ全曲ネルソン兄弟(主にガナー)の手によるものだ。

スティーヴ・ルカサーの客演といった要素は、あくまでも「景気づけ」に過ぎない。ここには、まぎれもない全盛期の彼らが新装開店したといってもいい新鮮さで全編溢れている。もともと実父リッキーをはじめイーグルスなどウェストコースト直系のカントリー風味の聴いたポップなメロディセンスを持っていて、人気降下後には、そういったフレイバーを押し出した頃もあったが、ここでは、良い意味でロック的なサウンドのケレンミが戻っていて、しかもそれがセンス良く披露されているので、古臭さも無い。1曲目の衝撃は凄い。出だしはアダルトなアコギっぽさをワザとかもしだしつつ、ドカンとハードなギターが登場する一瞬は鳥肌ものだ。以降もその感動が持続する。ボストンばりのツインリードギターあり、サビの見事なハモリあり、メロウでシンフォニックなバラードありと、見事な表情を見せる。

もう、当時の彼らを知る者は、その帰還を奇跡と感じるのではないか。今のシーンで受け入れられるかどうかは分からない。しかし、良識あるロック・ファンが虚心に聴けば、メロディとサウンドとボーカルの配合の素晴らしさに感動すること間違いない。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!