×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
月面のウォンバットてるおちゃんのキラキラ動画リスト

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.HOTEL PACIFIC
2.タクティクスオウガ
3.F605
4.Remember11
5.Eyes On Me
6.アルマゲドン
7.The Stylistics
8.web版
9.CHOCO
10.Chow Chow

フランプトンズ・キャメル(紙ジャケット仕様) ~ファンとしては5つ星を付けたいとこなのですが 厳しく☆4つ気分的には3.5といったところ
その主なわけは スティービーワンダーのカバーが入ってるから【I Believe 】曲としては悪くないんだけどこの曲だけ浮いてるような気がします。
他のアルバムでもカバーは演奏してますが これはこの人のイメージに合わない【I'm in~~ you】に入っている【涙をとどけて】の方がまだましです。

その他は良い曲ぞろいで 【Lines On My Face】はComes Aliveと違いイントロがkeyboardから始まってライブとはまたちょっと雰囲気が違います。
【Do You Feel Like We Do】はトーキングボックスは使ってませんが 十分盛り上がれます。

私のお気に入りは【Which Way The Wind Blows】【Just The Time Of~~ Year】です。
この方のアコスティクは本当に綺麗だと思います。メロディーメーカーとしてまたギターリストとしてもっと評価が有っていいと思います。~


【ゴスロリ】アシメブラウス&スカートセットアップ (M, ブラック) 上着はとてもよかったです。
でも、スカートが少しゴワゴワしていてなんか……

でもいい物だと思います。

ビヨンド・ザ・マット [DVD]  ジェーク・ロバーツ、WWF(撮影当時。現WWE)、マンカインド、ロック、テリー・ファンクや無名の若いレスラー達など実際のレスラーを写しながら、プロレスビジネスの裏側を撮影したドキュメンタリーだ。

 かつて一世を風靡したが現在ドサ回りをしているジェーク・ロバーツ。リング上での栄光に対する退廃した私生活や冷たい家族との関係のギャップを余すところ無く描いている。華やかなリングの陰に隠れた彼の人生の哀しさに、幸福とは何か、と考えさせられてしまう。

 お客さんのために、リング内や場外で、どんな危険なこともやってしまうマンカインド。その危険なファイトゆえに、リング上と私生活の矛盾に悩む彼や家族の様子は生々しい。

 膝の怪我に悩まされ、何度も引退しながら、リングに上がりつづけるテリー・ファンクの生き様には圧倒される。お客さんの興奮や拍手というリングの魅力がまともに歩けないテリーに生き甲斐を与え、反対にテリーがお客さんにパワーを与える。そんなプロレスの魅力を良く伝えてくれる。

 このビデオは、「ロックとマンカインドが試合の前に打合せをしている」ということで、話題になった。しかし、そんなことは正直どうでもいいのだ。2階のような高い金網からマンカインドが飛び降りているのは本当だし、孫までいる動かない膝のテリーがリング上では、颯爽と動いているのも本当なのだ。何が彼らにそんな力を与え、観客が何を彼らに求めて、チケットを購入するかの方が、重要なのだ。
 プロレスファンもアンチプロレスファンにもぜひ見て欲しい。 


☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!